苦楽園読書くらぶが運営する家庭de読書

デジ速の機能面の特徴

デジ速の機能面の特長

デジ速は様々な機能面の特長をもっています。そのことについて説明します。

(1)変換した倍速音が非常にクリアーです。

(2)音源としてCDはもとより、

  • mp3
  • WMA
  • WAV

の各フォーマットのファイルを再生できます。

(3)再生中に音源のスピードを0.1きざみで再生することができます。

(4)わずかに2画面でほとんどの操作ができるように工夫されています。

(5)ソフトの入ったUSBメモリをパソコンに挿入するだけで、ソフトを起動することができるので、

  • 面倒なインソール作業がない。
  • したがって、インソールすることによるパソコンの調子が悪くなる等のトラブルがありません。

(6)1倍速の自然音

  • 鳥の声
  • 川のせせらぎ
  • 海の音
  • お母さんの心音

を流しながら、選択した倍速の倍速音を聴けるのは他の速聴ソフトにはないもので、特許出願している技術です。

(7)倍速音、自然音の各音量を好みに合わせて個別に変えることができます。

(8)mp3・WMA・WAV等種々のフォーマットの音源を

  • 0.5倍速から10倍速まで、
  • 0.1倍速きざみで

再生できます。

(9)倍速音を聴きながら、再生している倍速音のファイルが作成できます。

この時、mp3・WMA・WAVの各フォーマットで保存できます。

(10)1倍速→1.7倍速→2.7倍速→3.5倍速→2.7倍速→1.7倍速→1倍速の様に

  • 富士山型の再生プログラムを3種類用意しており、
  • 目的にあったトレーニングができます。

またこの3種類の再生プログラムは自由にカスタマイズできます。

(11)速音再生時に1/fゆらぎをもった背景動画をみることができます。

(12)日本人が語学学習で弱い中高音の聴力を強くすることができます。

  • 語学耳機能がついています。
  • 英語のリスニングのトレーニングに威力を発揮します。

(13)標準装備の音読レコーダーを使って、朗読ファイルを簡単に作ることができます。(マイクロフォンが必要です。)

(14)新しい速聴の形として

  • デュアル速音聴
  • トリプル速音聴

ができます。

(1)~(2)については有料・無料の速音聴ソフトでも特徴として挙げていますが、(4)~(14)についてはデジ速だけが持つすぐれた機能です。

とくに(14)のデュアル速音聴・トリプル速音聴については、

  • 次世代型の速聴ソフトに求められるであろう、新発想の機能です。
  • 脳機能学者で、英語教育でもおなじみの苫米地英人博士が並列脳の活用を謳っていますが、
  • デュアル速音聴・トリプル速音聴はこの並列脳アップの訓練になります。
     

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional